モリブデン ワイヤーカット 加工事例 SKD11 焼入れ鋼 切断加工 TINコー

 加工事例

 

「SKD11+焼入れ(硬度HRC58-62)の切断加工」

 

・材質     SKD11

・熱処理    QT(HRC58~62)

・表面処理   TiNコーティング

・サイズ    板厚 t=27.5 長さ 50

・カット回数  1回

 加工内容

SKD11の焼入れ鋼(HRC58~62)にTiNコーティングを施した製品を

モリブデンワイヤーカット機で切断しました。

A社とB社は真鍮のワイヤーカット機になります。

真鍮ワイヤーカット機の中でも、人気種であるB社と比較し、2倍以上の速度で加工完了しました。

その結果、ランニングコストもB社と比較し、6分の1のコストで抑えることができました。

今回の加工に使用した機械は、タイナテック社(大野精工グループ)の[DKV7725]です。

 活用事例

焼入れ鋼の製品も生材と変わらない速度で切断できるため、

​多くの企業様にワークの硬度を測定する品証試験で活用されております。

さらに!モリブデンワイヤーカットの特徴活かしつつ、日本製ワイヤーカット機の機能を付帯した設備があります!!

大野精工株式会社が日本総代理店を務める「HBシリーズ」です。

​世界中で年間700台の販売実績のある機械ですので、是非皆様も1台導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ロゴ②.jpg
HB600 機械本体.png
レッドドットデザイン.jpg
IFデザインアワード.jpg

モリブデンワイヤーカットの頂点へ   【 HB series 】  SSG×OHNO