製品事例③.jpg

φ9.4の超硬エンドミルをモリブデンワイヤ放電加工機「HBシリーズ」で切断しました。

A社とB社は真鍮のワイヤーカット機になります。

真鍮ワイヤーカット機の中でも、人気種であるB社と比較し、約2倍の速度で加工完了しました。

その結果、ランニングコストもB社と比較し、5分の1のコストで抑えることができました。

刃物メーカーでは、バイトやチップの形状加工に使用されております。

今回は超硬のエンドミルを切断しました。

​部品加工メーカーでは、頻繁に刃物の切断加工を行うので

​この機械が1台あることで、現場全体の生産を円滑に進めれることができます。

大野精工株式会社が日本総代理店を務める「HBシリーズ」は、

​世界中で年間700台の販売実績のある機械ですので、是非皆様も1台導入を検討してみてはいかがでしょうか?

HB600 機械本体.png
レッドドットデザイン.jpg
IFデザインアワード.jpg

モリブデンワイヤーカットの頂点へ   【 HB series 】  SSG×OHNO